バズマーケティングとは?【マーケティング用語5】

バズマーケティング

今回はバズマーケティングという言葉について解説します。

 

みなさんも一度は「バズらす」「バズった」っという言葉を聞いたことがあると思いますが、

「バズ」(Buzz)というのは英語で蜂がブーンと飛んでいる音を表す言葉です。

つまりちょっと騒がしいな、、くらいの意味で良い意味とか悪い意味とかはありません。

イメージとしてバズったというと炎上だったり、すごく話題になったり、のような意味で使われることもいいですが、

「バズった」と聞いたらTwitterとかインスタとか、最近ではライブ配信アプリ(Tik Tokとか)で話題になったくらいに思っていれば大丈夫です。

で、ここから本題です。

今回のバズマーケティングの意味なのですが、一言で言ってしまうと

口コミをワザと作って仕掛けるということです。

例えば有名人を使って商品の宣伝をさせて欲しくさせたり、

「今話題の!!!」という宣伝文句を使って「えっ!話題なの?買わなきゃ!」と思わせるのもバズマーケティングです。

インフルエンサーを使って飲食店を紹介したりするのもそうですね。

よくバイラルマーケティングとの違いを聞かれますが、大きな違いは

バズマーケティング

ウェブに限らず、販促にも限らず話題をとにかく広める手法

バイラルマーケティング

基本的にウェブで行われる。目的も基本的に販売促進。

これが違いです。

なのでバズマーケティングというのはとにかく話題を広める手法と覚えてもらえると良いかと思います。

猫の可愛い動画とか典型ですね!(みんな癒されましょう!www)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Youtube広告やインスタグラム、Twitterなどに出す動画制作・写真撮影などでお困りの方は是非一度、
株式会社クロックタウンプロジェクトご相談ください。
弊社はただ作るだけではなく、目的に応じたものを制作し、クライアント様と二人三脚で楽しく結果を出すお手伝いをする会社です。
株式会社クロックタウンプロジェクトHP
https://clocktownproject.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー