Facebook広告の20%ルール【Facebook広告1】

Facebook広告の20%ルール

Facebookの広告に出す画像にはいわゆる20%ルールというのがあります。

一体何かと言うと、

「広告に使う画像の20%以上をテキスト(文字)が占めてはいけない」というものです。

20%なんてどうやって判断すんの???っていう話なのですが、

テキストオーバーレイツールというのがあり、ここで調べることができます。

https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

以前は20%を超えると広告が配信されなかったりしたのですが、今はfacebookの公式の言い方だと、

「画像内のテキストを20%未満に抑えると、パフォーマンスが高くなることがわかっています」

とのことです。

例外もあるという書き方もされているのでとりあえず画像に文字が入ってる場合は上記のサイトでチェックしてから出すことをオススメします。

因みにインスタグラムもFacebookの傘下のサービスなので基本的には同じです。

ただし、インスタのストーリーズについてだけ文字の制限はないようです。

後から文字を載せる場合はもちろんですが、たまたま背景に張り紙がいっぱいあるとか、文字のオブジェがあるような場合でも引っかかる可能性があるので、広告を出す場合は必ずチェックしてから出すようにしましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Youtube広告やインスタグラム、Twitterなどに出す動画制作・写真撮影などでお困りの方は是非一度、
株式会社クロックタウンプロジェクトご相談ください。
弊社はただ作るだけではなく、目的に応じたものを制作し、クライアント様と二人三脚で楽しく結果を出すお手伝いをする会社です。
株式会社クロックタウンプロジェクトHP
https://clocktownproject.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー