ライフタイムバリューとは???【マーケティング用語30】

 

ライフタイムバリューとは???

ライフタイムバリューはLTVとも略されたりしますが、日本語では顧客生涯価値と訳されます。

漢字と横文字ばかり並びますが、簡単に言うと、

自社の製品やサービスに関わるお客様の長期的な価値という意味です。

例えばメロンパン屋さんがあったとして、メロンパンを一個買うお客様を1として数えるのではなく、そのお客様が数年間にどれだけメロンパンを買っていってくれるかを考えるということです。

生涯価値といっても本当に一生の話をするのではなく、だいたい2年〜5年くらいが多いのではないかと思います。(もちろん業種や規模によります)

そして実際に買ってくれる部分以外にもその人が口コミをしてくれるのも価値になりますし、ブログを書いてくれるかもしれない。

そうやって目に見えない価値も含めて考えるのがライフタイムバリューの考え方です。

日々の売り上げ個数だけ計算していると先が見通せないですし、売り上げなんて良い時も悪い時もあります。

計算方法としては基本的には

ある商品やサービスの一人当たりの年間の利益×お客様の継続期間ー顧客維持コストとなります。

年間の利益が10万円でお客様の継続期間が2年だとすると

2年間の利益は20万円になります。

で、顧客を継続するコストが3万円だったら

20−3で17万円。

これが顧客のライフタイムバリューです。(1例なので場合によって計算方法も変わります)

こうやって何年かの売り上げを予測して計画を立てていくことで見通しを立てられるのが良いところです!

当たり前ですが、行き当たりバッタリより出来るだけ予測をしておく方が経営者としても安心できますし、修正も簡単になります。

こういう目に見えない計画が実はとても大事なんです。

ということで今回はライフタイムバリューについての説明でした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Youtube広告やインスタグラム、Twitterなどに出す動画制作・写真撮影などでお困りの方は是非一度、
株式会社クロックタウンプロジェクトご相談ください。
弊社はただ作るだけではなく、目的に応じたものを制作し、クライアント様と二人三脚で楽しく結果を出すお手伝いをする会社です。
株式会社クロックタウンプロジェクトHP
https://clocktownproject.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー